夫婦とふたごとネコ一匹

家族で起きた事件(?)を基に四コマ漫画を描いています。

子供からみた自分の姿

f:id:habanerochan:20180620210725j:plain

 

 親として子供の模範となるようなことはしていないというか唯我独尊みたいな生き方をしていると自分では思っている私だから子供に尊敬してもらおうなんて少しも思っていないわけだが、最近子供の、特に咲ちゃんの視線が気になる。「視線が気になる」という表現の場合肯定的な意見が全面に出てくると思われるが、まあ人の親それも男親の場合は娘からは一様にネガティブな感情を持たれていると言わざるを得ない。だからというわけではないがどうせ否定的な感情を持たれているのだからと開き直って対応をすることにしている。しかしその態度がかえって娘たちを引かせているのかもしれないが。

 

 最近咲ちゃんになる夢をみた、というか自分が咲ちゃんの目線で動いている夢だ。紛れもなく咲ちゃんの目線で咲ちゃんの生活。私というアイデンティティで見る世界だが感慨はない。初めて見る風景であるが目新しさは感じられない。咲ちゃんの目で見ている世界だが、中身は親である私自身だ。映画や漫画でありがちな「入れ替わり」という表現は適切ではない。記憶と感情は咲ちゃんそのものであるが、自我は親である私だ。

 

 その夢の中で咲ちゃんの目を通して私自身の姿を見た。鏡で自分を見た感じといえば適切だろうか。しかしその映った姿は鏡に映った自分ではない。まごうかたなき咲ちゃんからみた私の姿だった。私の姿を見た時の心の中の動きも感じることができたが、それは感じたという記憶だけで肯定的か否定的かは覚えていない。ただ、子供から親を見た時の感情とはこういうものなのかというただ漠然とした思いだけが心に残る。

 

 翻って自分に問いただす。咲ちゃんは両親のこと、特に男親としての私のことはどう思っているのだろうか。これは今まで面と向かって訊いたこともないし訊いたところで正直に伝えてもらうことは難しい。いつもの日常の中で何の感慨もなく生活をしているなかで急に好きか嫌いか、それとも別な感情を持っているのかと訊かれてもただ困惑するだけだ。まず正直に話してもらうなんて無理。まあそういうことにしておこう。とにかく言葉でそれを伝えるのは咲ちゃんでなくてもむずかしい。てか照れるか無口にならないか?普通。

 

 実際にそのシチュエーションになったら親としての私は咲ちゃんにその質問を投げかける事はできるのだろうか。答えを聞くのが怖い気がする。だからといってはなんだが今まで通りのつかず離れず、家族というまどろんだ空気の中で居心地の良い場所にずっといれることを期待するしかない。この問いに関しては解答を期待しているわけではない。ずっと答えなんてなくてもいい気がしてくる。

 

 うーん自分の言いたいことが全く表現できていない。心がちぐはぐな感じ。親心とはこういうものだということを感じてもらえればよしとするか。

 

 

日常に潜む恐るべき事態

f:id:habanerochan:20180618075215j:plain

 

 私が読書好きだからわからないが娘たちも小説をよく買ってくる。しかし貸してはくれない。けちだ。だからたまに親娘の間で起こってはいけない事態が起きる。知らずにダブって購入するということだ。私はあまり今時の小説は購入しないのだが、同じ県で活躍する作家の本は購入する。すると実はもう娘たちも買っているという事態が。相手の手の内がわかっていれば防げただろうが、私にも原因がある。買った本には必ずカバーをかけてもらい読み終わっても外そうとしない。読み終わった本には未練は無い。無造作にテレビの横に積んでおく。自分でも見直すことはない。だったら片付けろともう一人の自分が心の中で囁く。

 

 最近は本を読むスピードが本が増えて行くスピードに追いつかない。私は速読の方ではないので1冊1冊じっくり読む。それでも毎日10分とか隙間時間を使えば1ヶ月でかなりの冊数をこなすことは可能だ。問題は積ん読でまだ読んでいない小説が何なのか購入した自分でも忘れてしまうことだ。結果、自分でダブって購入する事態を生じてしまう。これを今回やってしまった。しかし、問題といえるものでは無い。ダブって購入したところでその分小説家の印税が増えるだけのこと。地元の小説家ならなおさら良しとしよう。しかし、地元の人気小説家ということは娘たちもすでに私よりも先に読んでいる可能性は十分あるということを認識しておく必要があった。近々映画化されて本屋では平積みになっている。とても見やすいところに陳列されておりすぐに手を伸ばして購入しやすい体制がとられている。そのトラップに私は引っかかった。しまったー。

 

 確認したところ娘たちはすでに購入し読んだそうだ。それもお互いに貸借りをする前に買ってしまったらしい。ということは家の中には同じ本が4冊もあるということだ。その小説家には私たちが買った4冊分の印税が増えるということか。これはこれでいいのか?私がダブって買った本は私の妻にでもあげよう。それしかないが妻もすでに読んでいる可能性は否めない。

 

 

 

 

 

常識が非常識になる瞬間

f:id:habanerochan:20180614231011j:plain

 

 

 前記事ですでに表明したことであるが、車を買い換える。中古車だ。今の車との付き合いもあと10日ほどである。あと10日ほどなのにとたんに車の調子が悪くなる。オイル警告ランプがつくようになった。前輪から出るノイズが気になるほどの音になってきた。整備不良で捕まらなければいいが。19年もの長きにわたり苦楽を共にした同胞とも言える車だが、廃車になるとなるとお金をかけたくはない。ていうかガソリン代が惜しい。

 

 

www.habanerochan.com

 

 今日の朝ガソリン不足の警告ランプがついた。このままガソリンを入れずに過ごせたらと思ったものだが甘かったようだ。仕方なく朝のガソリンスタンドを探すがなかなか見つからない。ここで気がついたこと一つ目。最近ガソリンスタンドが少なくなってきたような気がする。いつも入れていたガソリンスタンドは改装のために休みだったから別のガソリンスタンドを探し回った結果わかったことだ。廃業するガソリンスタンドがあとを絶たないというニュースを見たことがある。

 

 気がついたこと二つ目。ガソリンって意外に高い。いつもはカードで満タンに入れていたので一回入れると5000円ぐらいの感覚で入れていた。今回はあまり入れたく無いので1000円分だけ入れたのだが、6リッターちょっとしか入らない。満タン入れていた時にはまあ5000円ぐらいという感覚だったが1000円の時のたった6リッターしか入らない現実を前にすると意外な感じがする。6リッターといったら70キロから80キロしか走らない事実に驚いた。次に乗る車が電気自動車だから尚更高く感じる。円安と原油高のトリプルパンチ。まあ、実は世間一般には、これが普通の事なのだが。

 

 再来週からガソリンスタンドから日産のディーラーに給油(給電)場所が変わる。ガソリンと違って電気は給電するのに時間がかかる。1回30分ほどである。時間に余裕を持つことが必要であるが、毎月2万円ほどのガソリン代が無料で運用できることを思えば安いものだと思える。しかし実際にはどうなのかまだわからない。色々な意味で常識が非常識に、非常識が今後の常識と変わる1ヶ月だと言える。ぜひ楽しみながらなんとか乗り越えていきたいところだ。

 

 

 

人を動かす 動かされる

f:id:habanerochan:20180613081936j:plain

 

 ボランティアで家の近所にある老人ホームの草むしりや花壇の管理に行くことがある。これからのシーズンその頻度は高くなりそうだ。花の手入れだけならそんなに手間はかからない。植えてしまえばあとは施設の職員に任せても良さそうなものだが、物好きなのか暇なのかわからないがとりあえず週1で行くことにしている。秘密の農園の管理のためだ。

 

 老人ホームの経営は病院以上に大変だ。まず職員が集まらない。集まってもすぐやめる。なぜやめるかは愚問だ。ネットで調べればいい。入所者のお世話で手がいっぱいなのに花壇のことなんて手がまわるわけがない。そこで登場するのがボランティアだ。施設ではボランティア集団を組織をしており、業務外のことをお願いをする。その組織に参加している。皆ボランティアだが、私は違う。空いた花壇に密かに野菜を植えるためだ。花壇に野菜が植えられている時点で密かには育てられないと思われるかもしれないが、誰が植えたかわからない整然と管理された花壇に手をつけようという人はまずいない。それから、無耕作農法という便利な野菜の植え方があり、ある程度雑草が伸び放題でも野菜は成長する。雑草の繁殖を許すということは手間がかからない。一週間に一度数分見に行くだけで十分だ。

 

 これからの時期(6月〜7月)、収穫にピークを迎える。週一で収穫しても間に合わない場合がある。その時は残念ながら駄目にしてしまう場合がある。しかし時々施設でも収穫を楽しんでいるようだ。食事に制限があるため施設内では食べられないとしても収穫の喜びは体験できる。気分転換にはもってこいだ。どうせ私の家族だけで食べる分はそんなにいらない。お互い楽しんでいれば野菜のロスは少ない。もちつ持たれつだ。使われていない花壇の空間を使っていろんな人が動き楽しむことができる。人が自然と動くために秘密の菜園が有効活用されている。何か不思議な感じがする。

 

 

 

周りの反応が好意すぎて自分から墓穴を掘ってしまう

f:id:habanerochan:20180611231510j:plain

 

 前記事で日産の LEAF を120万円(込み込み)で購入したことはお伝えした通り。購入に際してはかなり理論武装を行なった。ネット界隈では電気自動車というとやれ走行距離がーとか充電時間がーとかネガティブな話がてんこ盛りだ。だから購入に際してどう言われようとも切り返せる理論武装を行なった。

 

www.habanerochan.com

 

 一番多数を占めている意見が、そもそも高価、走行距離が短い、そして充電に時間がかかることだ。これについては自分の中ではクリアになったことだ。込み込みで120万円だし生活圏は自宅から100キロ圏内、充電時間ぐらいゆっくり過ごせないでどうする。どんなことを言われようともすでにハンコも押して資金計画も立てた。後の祭りである。6月末には納車になる。現実はすでにすぐ近くにある。

 

 しかしながら、周りの人からネガティブな意見が出るものだと期待し、それに反駁する用意までしていたにも関わらず好意的な意見ばかりであるとこちらとしても調子が狂う。ていうか、かえってこちらからネガティブな意見を言ってしまいがちになる。謙遜からだろうか自分から墓穴を掘る。

 

 もっとも仕事場の人たちからネガティブ意見など出るわけがないのだ。今回の車の購入に関して一番背中を押してくれたのは仕事場の人たちなのだから。それなのに私から変なことを言うなんてかえって失礼かもしれなかった。反省である。みんないい人たちでよかった。

 

www.habanerochan.com

 

 

 

 

中古の日産LEAFを買う

f:id:habanerochan:20180611073527j:plain

 

 車が売れていないわけでは無いらしいが、売れているわけでもないようだ。売れているのは売れているし売れていないのは売れていない。日産LEAF も売れているのか売れていないのかはわからない車だ。LEAFも2代目が出て先代のLEAF は中古市場で投げ売り状態。なにせ300万円した車が100万を切っている。諸費用入れても120万円。300万円では決して買わないが100万を切る値段なら十分に検討の余地がある。

 

上記の四コマのとおり日産LEAFに乗り換える。土曜日に契約してきた。納車は2週間後だ。不安は確かにあるが、この数週間ユーチューブやウエブのユーザーインプレッション記事やLEAFに対する誹謗記事を飽きるほど見てきたた。ひどい記事ばかりだ。存在意義を問うような記事ばかりだ。しかし彼らは実際にLEAFを所有しているわけでは無い。ただなんとなく、自分の見て回れる領域の範囲での概念を総動員をして誹謗中傷しているだけだ。この構図はネット上でよく見られる。実際には当事者でも無いのにさも自分が被害者であるがごとくに反応する。そんな大人にはなりたくは無い。LEAFを中傷するならLEAFを買ってからにしてくれ。私の決断を曲げるような書き込みはやめてくれ。

 

 LEAFと現在乗っている車の4年間の維持費と支払額を比べた結果、日々垂れ流されているガソリン代+αで購入することがわかった。また、ガソリン車にかかる諸経費や車検代、税金が安い。てか安すぎる。たとえ補助金が出たとしても新車では乗り越えられない金額だ。中古のLEAF様様。

 

しかしLEAFにも当然問題はある。航続距離の問題と冬のヒーターと夏のエアコン問題。それから充電に一定の時間がかかる問題だ。しかしこれは今後かかる経費に比べれば可愛い問題だ。100キロ圏内に生活圏がある、通勤や買い物にしか車を使わないライフスタイルでは十分運用可能だし、家の近くに充電ステーションもある。なんなら自宅に充電のためのコンセントをつけてもいい。200Vの電気は来ている。夜間電力が安くなる契約はしている。しかしそれは当分運用してみてからでも十分対応可能だ。

 

 それから、中古のLEAFに対する補償が厚い。バッテリの交換プログラムと4年間無料充電プラン。これが入っても120万円代で購入できる。ガソリンに毎月支払っていきたわけで、ガソリン代を自動車ローンに充てるだけでLEAFを購入できる。今までの生活は変わらない。充電のために時間を使う必要があるだけだ。

 

 

 まあ実際には納車を待って、実際に運用をしてみてからわかる問題はたくさんあるだろう。それは別にブログを使ってレポートしていく予定である。私自身が人柱となり中古のLEAFをレポートしていく予定だ。

 

 長く乗れない?4年も乗れれば十分じゃね?