はばねろちゃん がんばる絵日記!

意味もなくがんばります

妻の実家の身辺整理と、行政の合理化の果て

f:id:habanerochan:20180424080023j:plain

 

 家の近くの桜は完全に散っているのだが、妻の実家の周りの桜は今が開花時期である。実家に到着した日はやっと咲き始めた頃だったが、気温が急に上昇したせいか、ソメイヨシノが一斉に開花した。しかし、妻と私は、実家の掃除に時間を割かれていた。正月からかれこれ4ヶ月弱経ったわけだがその期間で溜まったゴミを捨てる用意に没頭していた。前回捨てるようにお願いしていたゴミがそのまま倉庫に積まれていた。まずその処理が先決だ。冬だった今までは良かったが、これから暑い夏がやってくる。ゴミの臭いが倉庫に充満するのは願い下げだ。もっともさすがに生ゴミは捨てているようだったが。

 

 身近なゴミを捨てると同時に身辺整理も進める。何十年も開けていないダンボール箱。壊れた家電製品のチェック。開封されていない封筒の束。いくら業者が一気に引き取ってくれると言ってもまず中身を確認する必要がある。前回来た時にはあったマイナンバーの書類が見当たらない。無かったとして何か問題があるのかはわからないが、とりあえずなければならない書類のようである。探しながら掃除を進めるわけだが時間ばかりが過ぎていく。妻母からのダメ出しは容赦なく降りかかるためにドラクエのように一つ一つバトルをしながら進めていくが、遅々として進まない。タイムオーバー(帰る時間)は近づいてくる。

 

 実際にゴミの分別するとなると混乱する。その地区(市)のゴミ捨てのルールは細かい。読んでみて頭が痛くなる。律儀にルール通りに分別することは可能なのか?と思えるほどである。高齢の独居老人にとってこのルールは理解できるのであろうか。さらに言えばゴミの種類ごとに袋が必要となるが、これも遠くのスーパーに買いに行かなければならない。車を持たない老人が数キロ先のスーパーに行くのはとても大変なことだ。また、行政の合理化の問題だろうが、ゴミ捨ての場所が集約化されているようで、ごみ収集所がかなり遠い。溜まったゴミ袋を車で移動する必要があった。

 

 実家のゴミ問題は待ったなしである。明日その日を迎えるかもしれないのにゴミは増えるがゴミを捨てる仕組みそのものが郡部の高齢化に対応していない。昔は各家庭でゴミを焼却していた。家が密集していない田舎ならではのゴミ処理方法である。それができなくり、指定されたゴミ袋でルールも厳格。ゴミを捨てることさえも嫌になる。これは個人の責任にするには無理がある。地域に根ざす重大な問題なのだ。

 

 

 

ノブナガにとっての愛の囁きは

f:id:habanerochan:20180422214203j:plain

 

 ノブナガがこの家にきて早4年?5年?忘れるぐらい昔のような気がする。ある年の秋口に生まれて2ヶ月経った頃にやってきた。色は違うが双子の兄だか弟がいる。そちらは男の子だがノブナガは女の子。去勢は3年後にした。手術するのはかわいそうだという私の意見が珍しく採用されて去勢は免れていたが、あまりにも発情のスパンが長いため(週1で発情していた)、泣く泣く手術をした。途端に私の腕にまとわりつくことも私に自分の尻を向けることもなくなった。それでも可愛い家族の一員。

 

 そのノブナガは夜になると家の窓から外をじっと見つめることがある。月が出ているとしても角度的にみえるか見えないかのすれすれの角度だ。見えているとはいいがたい。しかしあいつは何かを探しているかのように暗闇を見つめる。私たちには見えない何かが見えるのであろうか。いや、手術前にも同じように外を見つめることがあった。この近辺では珍しい野良猫の発情の鳴き声がたまにこだますることがある。それに呼応するかのように外を見つめることがある。自分は去勢されたのであるがまだ愛を求めているということなのであろうか。

 

 それではなければもしかしたら自分と同じ猫の友達が欲しいのであろう。今までは私の家の中で猫はノブナガだけだ。岩合光昭の猫の番組を流すと決まってテレビの前に陣取り、食い入るように見入る。自分は人間ではなく猫であり、テレビに映るあいつらこそ自分の同類であるということに気がついている。窓をみつめる時のそれはテレビの前にいる時と同じ、いつもは黒いスクリーンであるがたまに自分と同じ猫が映る。漆黒の窓の向こう側から自分の友達がやってくると思っているのかもしれない。ノブナガには愛の囁きはもう届かない。しかし私たちの責任として友達としての猫を紹介するべきなのかもしれない。

カラーボックスの怪

f:id:habanerochan:20180418075047j:plain

 

 カラーボックスの有用さをことさら否定するわけでは無いし、お互い(?)に認め合う存在でありたいといつも思っている。頭ではわかってるのだが、その裏に隠された邪悪さが漂う限りは100%あいつらを信じることなどできぬ。

 

  カラーボックスは安い。価格は1500円程度で何も目くじらをたてるような価格では無い。機能も本を収納してもよし、タオルを重ねて入れてもよし、人間の想像を超えた使い方も可能では無いかと思えるほど有能である。しかし、物を収納したそのあとに注目した人間はいない。ぜひとも追跡調査をしてもらいたいところだが、私的調査によれば9割がた収納した物品はそのまま陳腐化する。つまり、ホームセンターで買ってきて組み立て、物を収納したとしても、収納した物品は固定し再び顧みられることはなくなる。数年後、部屋は不要な物品とカラーボックスに占領されてしまう。経年劣化とともにカラーボックスはよじれゆがみ色はくすみ結局は粗大ゴミに捨てられてしまう。

 

 10年ほど前、カラーボックス廃絶運動を展開し、家の中からカラーボックスは一掃されたはずだった。一掃した代わりに日曜大工に凝っていた私が家中の家具を自作した。それ以来家具と名のつくものに縁遠いものとなったが、工具も散逸し、さらに追加で作成することは困難となった。娘たちの教科書などを収納するためには利便性と経済性を鑑みカラーボックスの登場は不可避となった。しかし、やはり悪夢は再来する。収納した小説や学習の終わったノート類や古い教科書群がそのまま収納されている。家の中の空間は有限である。限りなく流動性は高めていきたい。しかしカラーボックスは物を固定化してしまう。やはりカラーボックスは忌むべき存在だ。

 

 

咲ちゃんを責めないで

f:id:habanerochan:20180414182144j:plain

 

 唯一といっていい家族団らんの時間だった夕食時間が、咲ちゃんの一言で終了してしまった。藍ちゃんになにがあったのかを聞いたところ。いつもだと九時には家に帰宅していたわけだが、これからはもっと遅くなる。十時を過ぎるだろう。それから皆で夕食を食べていたら寝るのがまた遅くなるので待たなくてもいいから3人で先に夕食は取っててほしいということだそうだ。いままでも待たれること自体が負担となっていたようだ。その時間に合わせて勉強を切り上げて帰ってこなくてはならない。それがとてもストレスだったようだ。藍ちゃんは今までそのことを何も言わなかったがそれは私たち夫婦のことを慮ってのことだったそうだ。妻はとってもさみしそうだった。「夕食を作る手間が増える」と言っていたがそうではないだろう。団らんの時間が無くなることが残念なのだ。

 

 ダイエットを始めて半月が経とうとしている。順調に少しずつではあるが体重と腹回りの脂肪が減少しているのがわかる。どれだけ間食ばかりしていたんだと反省。これが、夕食時間をはやめることになれば、なおさらダイエットは加速することとなる。なんか知らないけど成果が楽しみだ。とってもさみしいことだけれど。

 

 

 

www.habanerochan.com

 

 

www.habanerochan.com

 

  しかし、忘れないでいただきたい。帰宅時間がおそくなるということは、駅に迎えに行くのもおそくなるということだ。この点の負担は考慮はていただけなかったようだ。残念だ。

 

 

コミュニケーションアプリLINEをめぐる夫婦問題

f:id:habanerochan:20180413000220j:plain

 

 

 夫婦間でも私が機械に詳しそうに見えることが夫婦関係の軋轢を生んでいる。いわゆる IT関連のことは多少なりともできるが SNSなどのコミュニケーションアプリをまったく使わない私に不満なのだ。親戚との連絡はLINEで行っているが、私はLINEを積極的に使っている方では無い。友達登録(というのか?)もものの数人としか行っていない。その数人とも別に積極的に繋がっているわけではない。だから、親戚との連絡は妻の役目となる。それが不満ならしい。妻に言わせれば機械が嫌いというよりも積極性の問題だということだが、不要不急の用事があるわけでも無いのになぜ積極的に繋がっていなければならないのか、と現代人として信じられないことを言うと妻はいつも呆れ顔になる。どうせ古い人間だからいいのだ。どうせ機械に弱い年寄りになって死んでいくのだ。こんな私だが、妻名義でLINEスタンプを70種類公開している。もう公開して3年が経とうとしているが、未だに少しづつ売れ続けている。LINEとの付き合いはこんなものでいい。どうせあと数年もすればLINEだって時代遅れのコミュニケーションツールとして忘れられていくだろう。また新しい手段が生まれてくるだろう。その時にアーリーアダプターとして真っ先に使いこなしてみせよう。時代に乗り遅れた私が、すでに成熟したコミュニケーションツールに今更乗ってみんなに驚かれることはないのだ。

 

 

www.habanerochan.com

 

 

 

アップルストアに無益な闘いを挑む日々

f:id:habanerochan:20180409230452j:plain

 怖いもの見たさということもあるのだが、たまにアップルストアに行きたくなる時がある。それはこちら側の戦闘レベルゲージが満タンとなり、肉体的にも精神的にも闘いに耐えられるようになってからである。こちらからは無益な闘いは挑まない、いつも挑んでくるのは彼奴らアップルストアに店員たちだ。

 

 新製品が出ると触って見たくなるのが人情というもの。特にアップル製品に囲まれた生活を送っているわけだしユーザー歴はかれこれ二十数年。アップルストアに招かれても差し支えないのではないかと思っている(あまりお金は使っていないが)。しかし、満足に試すことを店員は許さない。なぜなら隙あらばあいつらは寄ってきて自由に触ることを許さないからだ。

 

 もちろん店員対策は取ったことがある。それは耳にイヤホンを突っ込んで音楽をガンガン鳴らして店に入るのである。無用な雑音は音楽で消されることとなる。これは完璧な対策として自分を褒めてあげたいほどのアイデアだとおもったことがあった。しかし、しかしである、これはルール違反であると思うようになってやめた。やはり戦場にもルールはある。個人戦を行なっている時に原爆を投下するのはやはり対外的(?)な非難のタネとなってしまう。正々堂々と真正面から戦いに臨むのが漢(おとこ)というもの。

 

 しかしながら、イヤホン爆弾がなくなった後、店員に勝利したことはなかった。あいつらは百戦錬磨のアップル店員である。こちらがどうガードしてもやすやすと心の隙に侵入してくる。すげえ、すげえ奴らだ。私はいつもいたたまれなくなり退散することとなる。妻に言われる「また負けたのお?(笑)」。

 

 この闘いはお互いにデメリットがある。どれだけ私が 雑誌の「MacFan」 やウエブで情報を集めようとも実機を使って見なくては購買意欲も湧きようもないし、店側だって店にいたたまれない状況を作り出しては購入に結びつくことはない。文字通り無益な闘いだ。大丈夫だ。新製品の情報はちゃんと予習済みであり何か必要な情報が必要な時は店員を呼ぶこととなるのは必定だ。だから、私たちをもっと伸びやかにストアの中で過ごさせてくれないものだろうか。無益な闘いはもうこりごりだ。

 

 

www.habanerochan.com

 

 

www.habanerochan.com

 

 

www.habanerochan.com

 

 

www.habanerochan.com