夫婦とふたごとネコ一匹

家族で起きた事件(?)を基に四コマ漫画を描いています。

人を動かす 動かされる

f:id:habanerochan:20180613081936j:plain

 

 ボランティアで家の近所にある老人ホームの草むしりや花壇の管理に行くことがある。これからのシーズンその頻度は高くなりそうだ。花の手入れだけならそんなに手間はかからない。植えてしまえばあとは施設の職員に任せても良さそうなものだが、物好きなのか暇なのかわからないがとりあえず週1で行くことにしている。秘密の農園の管理のためだ。

 

 老人ホームの経営は病院以上に大変だ。まず職員が集まらない。集まってもすぐやめる。なぜやめるかは愚問だ。ネットで調べればいい。入所者のお世話で手がいっぱいなのに花壇のことなんて手がまわるわけがない。そこで登場するのがボランティアだ。施設ではボランティア集団を組織をしており、業務外のことをお願いをする。その組織に参加している。皆ボランティアだが、私は違う。空いた花壇に密かに野菜を植えるためだ。花壇に野菜が植えられている時点で密かには育てられないと思われるかもしれないが、誰が植えたかわからない整然と管理された花壇に手をつけようという人はまずいない。それから、無耕作農法という便利な野菜の植え方があり、ある程度雑草が伸び放題でも野菜は成長する。雑草の繁殖を許すということは手間がかからない。一週間に一度数分見に行くだけで十分だ。

 

 これからの時期(6月〜7月)、収穫にピークを迎える。週一で収穫しても間に合わない場合がある。その時は残念ながら駄目にしてしまう場合がある。しかし時々施設でも収穫を楽しんでいるようだ。食事に制限があるため施設内では食べられないとしても収穫の喜びは体験できる。気分転換にはもってこいだ。どうせ私の家族だけで食べる分はそんなにいらない。お互い楽しんでいれば野菜のロスは少ない。もちつ持たれつだ。使われていない花壇の空間を使っていろんな人が動き楽しむことができる。人が自然と動くために秘密の菜園が有効活用されている。何か不思議な感じがする。