夫婦とふたごとネコ一匹

家族で起きた事件(?)を基に四コマ漫画を描いています。

新しい概念を言葉で伝えるのは無駄 体験させろ という話

f:id:habanerochan:20180816151237j:plain

 

 自分にとっては良いアイデアと思ってもいざ他人に話しても反応が期待ハズレの時が私の場合多いと思う。いや、100%表現するのをなかば諦めているために表現がぞんざいになってしまうためにかえって素晴らしさを伝えきることができないのかもしれない。ラーメンなどの料理のおいしさ、映画の素晴らしさなどは相手の無反応さを考えるともう説明するのが萎えるほどだ。だからか「見てみるといいよ」とか「食べてみるのが一番」と短いおすすめの言葉で終始する。自分でも悪い傾向だとは思っている。しかし、つまらないことを理解してもらおうと思う時間が無駄に思える。人生の時間は有限である。それを表現することが人生にとって有意義であればそれはそれでいいことであるのだがそうで無いことの方が多すぎる。

 

 中古であるが電気自動車に乗り換えてはや2ヶ月が経とうとしている。毎週1回はガソリンを入れに行く習慣の代わりに週に3回ぐらい、1回に10分ほどの充電タイムが増えた。ここだけ読むと電気自動車とは充電するのに時間がかかる、なんとも面倒くさい乗り物だというように感じるかもしれないが、慣れとは恐ろしい、今では仕事の帰りや土曜日の朝の充電タイムが楽しみだ。反対に1回に10分は短すぎると思うぐらいだ。電池残量が半分ぐらいで充電に行ってしまうので1回にかかる充電タイムは10分から15分で終わってしまう。充電タイムをただじっと無為に過ごすのであれば人生の無駄と言えるかもしれないが、近くのコンビニに行ったり本を読んだり4コマ漫画の下書きや調べ物をすれば10分などすぐに経ってしまう。

 

 この10分の積み重ねでいろいろなことができる。週に3回1ヶ月は4週で12回、120分を一気に確保するのは難しいが細切れであれば確保するのは難しく無い。電気自動車の充電タイムは人生においていろいろなことを提供してくれる。充電にかかる電気代はかからないが充電の時間がかかる?今回の場合、電気代と充電時間はトレードオフの関係にはないと思っている。充実なる細切れ時間が手に入りつつさらにガソリン代が節約できる。今の所電気代は1円もかかっていない。

 

 しかし私が良いと思っていても他者から見れば手間も時間もかかる行為だ。上記のメリットを1回で理解することはできないだろう。いやさ、表層では理解できたとしても深層では違うことを考えている。私が熱い気持ちで説明すればするほどさらに相手は引いてしまう。概念が無いことを無理に推し進めようとしても無駄だ。説明を何時間繰り返してもお互いに無駄な時間を消費するだけだ。

 

 だが、こういった状況を打破する方法も無いことも無い。実際に体験をし、実際に見ることである。「百聞は一見に如かず」を実践してもらう。「やってみればいい、見てみるといい」という一言で全てが解決する。もっともそれを受けて相手がやってみるかどうかは別であるが相手の本気度がわかる。見ようともしない、簡単なことから実践しようとしない人を相手にして無駄な時間を使うことを回避できる。「やってみればいい、見てみるといい」という言葉は時間節約の魔法の言葉だろうか。相手の概念に無いアイデアを伝えるためには効果的な方法だ。

 

 電気自動車?乗ってみればいいよ。